コンポジットレジン修復

2017.07.18

診療コラム

いま世界のむし歯治療において

最も選択されている「コンポジットレジン修復」という治療法についてお話しします。

 

これまでのむし歯治療のイメージといえば

「削って型をとって銀歯を入れる」

という方も多いと思います。

 

しかしながら、

これでは「銀歯」という本来の歯の色や性質からは程遠い材料が装着されるだけでなく、

健康な歯もたくさん削ってしまう恐れがあります。

 

「コンポジットレジン修復」は、

むし歯になってしまった部位のみ削り(MIという概念)、

そこに白いプラスチック樹脂を接着させ詰める方法です。

 

ダメージを最小限に抑えるだけでなく、

治療回数も少なく、審美的な仕上がりを達成することができます。

 

実際の臨床例をご覧ください

術前術中(ラバーダム防湿)
術後

このように「コンポジットレジン修復」はその適応を正確に選択することで

非常に満足度の高い結果を得ることができます。

 

お口の中で直接材料を詰めていきますから、

高度な治療技術が求められますが、

当院では各医師の研鑽に加え

拡大鏡やマイクロスコープを用いることで

高精度の治療結果を得ることができています。

 

歯科医師

上津原悟郎