学ぶということについて

2015.01.18

診療コラム

6K9A5185

2015年が始まり3週間、ようやく心身ともにエンジンが暖まってきました。

週末の講習会・セミナー・講演会通いが、今年もまた始まります。
昨年の春から始まった5D japanファンダメンタル歯内・修復コースも
この週末にいよいよ千秋楽を迎えます。

私たち医療人において「完璧」という言葉ほど、軽々と口に出せない習性があります。

医療である以上、完全を望みたい。
けれどもその完璧という言葉の持つ、
文字通り冷たく過酷な「壁」のようなものを越えることは
未だかつて、誰にもできていないことなのです。

私が「学びたい」と思う時
その瞬間は、自分に足りない部分を明白に見つけた時だと思います。

仲間の先生達の努力に触れた時や
自分の日常臨床において、葛藤が芽生えた時
あ…全然自分にはこれが足り無いなーと思うのです。

すると学びたい欲求が、真夏の入道雲のように
ムクムクと立ち上がってくるのです。

完璧な歯科医師にはなれません。

おそらく私は「スペシャリスト」にもなれないと思います。
「マルチプレイヤー」。。。うーんこれもちょっと違う気がします。

自分の凸凹に気がついては、その凹んだところをいつでも埋め続けていく
そしてようやく埋まったと思ったら、他の凹なところが気になっていく
未来永劫、終わる事のない欲求に苛まれる単純歯科医師。。。

そんなところかもしれませんね(笑)

さて今年も多くの学びを与えていただける諸先輩方
そして共に歩める仲間達

どうぞよろしくお願いいたします!

院長